無農薬栽培をしているケースケファーム|長久手市

長久手市で、野菜の無農薬栽培をしているケースケファームさんにお話を伺いに行ってきました。(取材日:2020年3月30日)

Q1:ケースケファームを始めるきっかけを教えてもらえますか?

東日本大震災があった2011年に前の仕事を辞め、次の仕事をどうしようかと悩んでいる時期がありました。その時、たまたま秋田の方でやっている農業研修に誘われ、参加してみました。そこで、農業に興味を持ったのがきっかけです。そこから帰ってきて、2013年の4月にケースケファームを立ち上げました。

ケースケファーム|長久手市

代表の川井さん。

Q2:そうすると、農家を継いだり、農業学校に通っていたわけではないんですね?

そうなんです。元々長久手市には住んでいたんですが、両親も農家ではないですし、自分も学校に通った訳ではなく、興味を持って始め、人に聞きながらすべて独学でやっています。

Q3:立ち上げた当初はどうしていたんですか?

ケースケファーム|長久手市

最初に借りられたのがこの場所で、今も使っているんですが、万博の駐車場だったところなので、石がゴロゴロとあって、大きい根っこもかなりあり、とても耕作に使える状態ではなかったので、家族や友人にも手伝ったもらって、石や根っこを取り除くことからはじめ、土づくりからはじめました。そこから徐々に畝を増やしたり、ハウスを作ったり、小屋を建てたりして今のような形になってきました。また、畑もこの場所以外にも増やしていき、4反から始めたのが、今は2町歩(2万平米)にまで広げることができました。

ケースケファーム|長久手市

手前からねぎ畑、ハウス。奥に高速道路とリニモ が見えます。

 

Q4:野菜を作る上でのこだわりはありますか?

無農薬にこだわっています。最初に研修を受けた秋田の農家さんでは、農薬を結構使っていました。その時に自分の手や顔がすごく荒れてしまって、やっぱり農薬は体に良くないと実感したのがきっかけです。人の口に入るものなので、やはり安全安心なものを食べてもらいたいと思い、大変ですが無農薬にこだわって作っています。

ケースケファーム|長久手市

にんじん畑

Q5:他の農家さんとのつながりはありますか?

最初はベテランの農家さんに色々と教えてもらい、日進や瀬戸の方まで畑を見に行ったりしていました。今は若手の農家同士でよく情報交換をして話し合ったりしています。仲間でもあり、いいライバルでもあるので、お互いに切磋琢磨して成長していければいいなと思います。

ケースケファーム|長久手市

真ん中あたり、ビニールがかかっているのがほうれん草畑。右奥のハウスでズッキーニを栽培しています。

Q6:農業をしていく上で工夫している点はどんなことですか?

人に聞きながら、独学でやっているので、常にアンテナを貼って情報を得られるようにし、常に考えるようにしています。
例えば、旬が来る前にどこよりも早く出荷できるようにハウスを作って温度調節や霜対策をしたり、種まきの時期をずらして常に安定した量の作物ができるように工夫したりしています。

ケースケファーム|長久手市

種まきの時期をずらしたり、雨風を避けたり、温度調節をしたりといったことをこまめに行っているハウス。

ケースケファーム|長久手市

ズッキーニに人工授粉しているところを見せてもらいました。

その年によって天候や土の状態も違うので、毎年毎年考えながらやっていかなければならず、その年失敗すると次は1年後しか挽回することはできないので、大変ですが、そういうところが面白いです。

Q7:大変なのはどんなところですか?

大変なところは色々とありますね。例えば、このあたりはイノシシなども出て、畑を荒らされるんですが、それを見張るために一晩小屋で番をしたこともあります。

ケースケファーム|長久手市

ねぎ畑の奥が小屋

他にも土づくり、草むしり、収穫など大変なところは色々ありますが、スタッフそれぞれに植え付けが好きな人、草むしりが好きな人、収穫が好きな人という具合にいるので、その人が中心となってみんなで頑張っています。僕は育てるのが好きなので、その時期は何度も畑を見回ったり、色々と工夫したりで大変ですが、とても楽しいです。

ケースケファーム|長久手市

ケースケファーム|長久手市

Q8:スタッフは何名いるんですか?

僕を含めて4名です。それぞれに役割を与えたり、売り先や売値を、どういうパッケージにするかということも考えてもらい、責任と楽しみを持ってやってもらえるように考えています。

Q9:ケースケファームさんの野菜はどこで買えますか?

あぐりん村(公式サイトはこちら)には毎日出荷し、たくさんの種類を売っています。その他は豆粋さん(豆粋さんの取材記事はこちら)、藤が丘のコモンさん、パンジェンヌさんなどで売っています。また、藤が丘駅で年4回行っている「藤が丘マルシェ early bird」にも出店しています。(この春はコロナの影響で中止になってしまいました)

ケースケファーム|長久手市ケースケファーム|長久手市

Q10:これから農業を目指す若い人たちに何かアドバイスはありますか?

若い人には是非来てもらいたいです。長久手は若い街のイメージがありますが、農家は高齢の方が多いですし、後継者がなくて辞めていく人も増えてきています。長久手の農業を活性化させるためにも、興味のある人には見学だけでも来てもらえたらうれしいです。自分自身も農業を始めた頃にいろいろな人のアドバイスをもらってますし、自分にできる範囲のアドバイスはさせてもらいますよ。

ケースケファーム|長久手市

中央奥にはモリコロパーク の観覧車が見えます。

ながコミュ:ご興味のある人は、ながコミュの問い合わせフォームからお問い合わせください

以上、ケースケファーム代表の川井さんにお話を伺ってきました。川井さんは農業が大好きで、常に農業のことを考え、努力もしている素敵な人でした。実際に始めるまでは農業をするとは思ってもみなかったというのが信じられないくらい熱い気持ちを持っていて、農業のことになるとお話も止まらない感じでしたよ。興味のある人は是非一度見学してみてくださいね。

関連記事

  1. 長久手情報コミュニティ(ながコミュ)ちいさながっこう

    体幹運動教室「ちいさながっこう」|長久手市

  2. 長久手のステンドグラス製作・教室なら可児ガラス工房

    ステンドグラス教室もある可児ガラス工房|長久手市

  3. 長久手情報コミュニティ(ながコミュ)_クウホアアロハ

    フラダンス教室「Ku’u Hoa Aloha」|長久手市

  4. 長久手情報コミュニティ_モリコロパーク(ジブリパーク)

    愛・地球博記念公園(モリコロパーク)ジブリパークは花盛り

  5. 長久手情報コミュニティ(ながコミュ)ながくてHOIKU

    長久手市の保育施設紹介番組「ながくてHOIKU」が放送開始

  6. レンタルスペース

    レンタルスペースのご利用案内