【2022年1月8日オープン!】長久手初のいちご狩り農園「すまいるベリーズさん」でとれるいちごや、想いについて、インタビューしました!

取材日:2021年12月26日

長久手初のいちご狩りファーム

なんと、長久手市で初めていちご狩りができるようになりました!

いちご狩り-すまいるベリーズ
いちご狩り-すまいるベリーズ
オープンに向けて準備中

オーナーインタビュー

すまいるベリーズさんといういちご農園で、2022年1月8日にオープンするとのことで、オーナーの柴田さんにお話を伺ってきました。

柴田さんのご好意で、ながコミュ読者の方に特典をつけていただきましたので、最後までお読みくださいね。

料金や予約方法の詳細については、下記のリンクをご覧ください。

いちご狩りのすまいるベリーズさんについて、料金・予約方法等をまとめました

オーナーの柴田さん

いちご農園を始めたきっかけ

なぜ、いちご農園をはじめようと思ったのですか?

子供といちご狩りをした時にすごく楽しそうにしているのを見てやってみたいと思ったのがきっかけです。実家が農業をしていて、その時のハウスや土のにおいといったものが記憶に残っているのもあると思います。

なぜ長久手に?

なぜ長久手にオープンしようと思ったんですか?

元々は地元の岡崎でと思っていたのですが、なかなかいい場所が見つからなかったので、通える範囲でいいところと考えた時に長久手が思い浮かびました。長久手は、都会に一番近い里山がある場所というイメージで、人も多く、若くて活気がある街だと思います。

土地勘がない中でどのように探したんですか?

実際に長久手に来て、良さそうな場所があると地主の方を探してお話しするということを2年間くらいかけてしました。そうしている内に、市役所の農務科の方から情報をいただき、いちご農園を開くなら土地を貸してもいいという地元建設会社、加藤組の社長さんをご紹介いただきました。この社長さんのおかげで土地の整地等、様々なこともやっていただき、本当に感謝しています。

社名にこめた思い

社名の由来を教えてもらえますか?

いちごを通じてみんなを笑顔にしたいという思いから「すまいるベリーズ」と名付けました。元々消防士をしていたんですが、昔から人を助けたい、人の役に立ちたいという思いが強くありました。また、日本で一番だと思ういちご農園のダイヤモンドのロゴを使っているのですが、日本一のいちご農園になるため、ダイヤモンドに勝るものと考えたところ、やはり笑顔に勝るものはないと考えました。

すまいるベリーズ
「いちごで人を繋いで笑顔にする」をコンセプトにしたロゴ

いちご狩りできる品種

いちごへのこだわりを教えてください

愛知県の品種で「ゆめのか」といういちごを中心に栽培しています。ゆめのかは、瑞々しくて噛むとしずくが垂れるくらいジューシーです。また、甘みと酸味のバランスが良く、香りもすごくいいんです。この他に紅ほっぺや章姫(あきひめ)も栽培していて、更に新品種も栽培していきたいなと考えています。

いちご狩り-すまいるベリーズ
紅ほっぺ
いちご狩り-すまいるベリーズ
ゆめのか
いちご狩り-すまいるベリーズ
章姫

スイーツの販売

いちごスイーツも販売しているんですか?

はい。いちごスイーツも販売しています。いちごのパック売りもしています。

いちご狩り-すまいるベリーズ
スイーツ販売用のお店も建設中

すまいるベリーズ
いちごパフェ1200円
いちご狩り-すまいるベリーズ
これで1パック(800円)お得ですね

料金について

料金を教えてもらえますか?

入場料が300円+ひとカゴ1500円になります。いちごは、その場で食べるのではなく、摘んだものをカゴに入れていただき、テーブルに移動して、そちらで食べていただくというスタイルになります。

すまいるベリーズ
こちらのカゴに摘み取ったいちごを入れます

営業期間

営業期間を教えてもらえますか?

気候にもよりますが、1月頃~6月中頃を予定してます。
営業時間は、9:00~15:00で、期間中は無休です。
スイーツの販売は、基本的にはいちご狩りのできない時期も行っています。ただ、臨時休業がありますので、詳しくはホームページをご覧ください。
すまいるベリーズ公式サイト

いちご狩り-すまいるベリーズ
約8000株のいちご

内見会にて

ハウス内には全部で約8000株のいちごがあるそうで、圧倒されました。
こちらのいちごは全て蜂による受粉で作られているそうですよ。蜂の種類はマルハナバチというそうです。

いちご狩り-すまいるベリーズ
マルハナバチ

取材の際に「ゆめのか」の試食もさせていただきました。

いちご狩り-すまいるベリーズ
試食でいただいた「ゆめのか」

「ゆめのか」ですが、大粒で色も鮮やか、香りもすごくいいです。
食べてみると、甘くてすごくジューシーで滴が垂れそうなくらいです。正直、想像以上に美味しかったので、ぜひ皆さんに食べていただきたいです。

まとめ

2022年1月8日にオープンする長久手初のいちご農園、すまいるベリーズさん。とにかく人の役に立ちたい、人を笑顔にしたいという気持ちの強いオーナー、柴田さんとそれに惹かれて集まってくれた多くの人と一緒に作り上げたいちごファームです。

いちご狩りは、気候にもよりますが、1月頃~6月中頃を予定してます。
営業時間は、9:00~15:00で、料金は入場料が300円+ひとカゴ1500円になります。

料金や予約方法の詳細については、下記のリンクをご覧ください。

いちご狩りのすまいるベリーズさんについて、料金・予約方法等をまとめました

ここでうれしいお知らせです。
ながコミュ読者の方に「100円OFF」の特典を付けていただきました。
受付の際に、こちらの画面を見せてくださいね。

予約は公式サイトからお願いします。

すまいるベリーズ公式サイト

品種は、紅ほっぺ、ゆめのか、章姫の3品種で、試食させていただいたゆめのかは特におすすめなので、ぜひ食べてくださいね。

関連記事

  1. 長久手の森プロジェクト1

    長久手の森プロジェクトXに参加してきました|長久手市

  2. 長久手市の石作神社で光の切り絵のイベントが開催

    石作神社で光の切り絵展|長久手市

  3. 長久手の森プロジェクトX-6

    長久手の森プロジェクトX-6回目|長久手市

  4. 長久手市内のクリスマス情報。小さいお子さんと一緒に行くのにおすすめ

  5. 長久手の森プロジェクトX-4回目|長久手市

  6. ジブリパーク

    ジブリパーク(2020年2月4日記者会見)| 長久手市

  7. 長久手の森プロジェクト2

    長久手の森プロジェクトX-2回目|長久手市

  8. 長久手の森プロジェクト3

    長久手の森プロジェクトX-3回目|長久手市

  9. イオンモール長久手|長久手市